Categories
Search

探偵とお金について

想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、身内の方による浮気調査です。

探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合でご説明しましょう。標準的な不倫調査としては、まず、調査対象の追尾を行います。何日も調査しても経費がかさむだけですから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。悪いなら止めてしまえばいいのに止まらないのです。浮気は悪いとわかっているが止められない人の心理としては悪いからこそ止めれられない。格好よく言えばそうなります。体が欲するから浮気をしてしまいますと言い訳する人がいますが、なぜなら道徳観がまだ残っているからです。勝手に理由をつけているだけ。精神的に病んでいるという意味ではありません。精神的に弱いのではなく、変えられるの自分だけということを忘れずに。ギャンブルや酒など依存しやすいものに弱いということ。つまり、私ではなく職場の同僚の話です。ちょっと前に妻の浮気が判明したので、裁判でその男を訴えたいみたいなんです。しかし訴訟というものには相応の費用もかかるでしょうし、不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を払わせ、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと言っておきました。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは思うような結果にならないかもしれません。どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定することがあるからです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのに納得できる人はいませんよね。裁判所を動かすほどの証拠は浮気については探偵が見つけてくることが出来るでしょう。