Categories
Search

自分で浮気調査するリスク

「配偶者が浮気しているかも」と思った時、自分で調べて
確信をつくことは簡単だと思うのですが、
証拠を集めようとするためには大きなリスクを伴います。

今回はその理由をご紹介します。
まず、配偶者に「顔が知られている」ので、バレやすいです。

尾行、張り込み、いずれにしろ、相手に気付かれてしまう可能性がとても高くなります。

気付かれたあとは、証拠を隠されてしまい、
さらに証拠を集めるのが難しくなってしまいます。

それをさけるためにも、証拠集めは、第三者、
または探偵にお願いしたほうがいいですよ。

次に、「自分にかかる精神的ストレス」がとても大きいからです。

法律上、配偶者が異性とご飯に行くだけでは、不倫と言えません。

法律上の不倫とは、配偶者が、配偶者以外の異性と、
肉体関係になることをいうので、その現場の証拠を集めることや、
その場を見なければいけないのは、相当なストレスがかかります。

また、浮気相手に会うことも、相当な苦痛や怒りがこみ上げるでしょう。

「自分は大丈夫」と思っていても、感情的になり自分を抑えきれず、
刃傷沙汰の事件になってしまうことも多々あるのです。

そして、あなた自身を傷つけてしまう可能性も出てきます。

一旦疑ってしまった相手をまた信頼することはとても難しく、
一緒にいても許せなく思ってしまうのが当たり前です。

「浮気が発覚しても結婚生活を続けたい」場合は、
夫婦間に修復不能な亀裂を入れないためにも、
あなた自身で浮気調査を行わずに、第三者か探偵にお願いした方が良いですよ!

広島,探偵

 

タグ: ,