Categories
Search

浮気調査費用の節約

1.調査会社に依頼
なるべく少ない費用で浮気探査を依頼するには、自分でできる範囲までは事前に探査してから調査会社へ依頼することです。調査とはいっても簡単にできることなのだそうです。ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけでいいのだそうです。

日々のシゴトに出掛ける時間、帰宅した時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するようにしましょう。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。相談者が女性の場合、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂のタネになりたくないなら、絶対にやってはいけません。

2.プロに依頼しましょう
夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵や探査員のようなプロに依頼する際は、一般的に、浮気探査にあたる人数や探査期間を契約を交わす前に取り決めます。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、浮気探査を行った期間が長期にわたれば請求される探査費用も多額になります。興信所などによって、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。浮気調査でなにより大事なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。浮気しているか否かが不明瞭な場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。もしも浮気が確かなこととなれば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。主にパートナーの尾行を中心として、見張りなどの方法も用いて、パートナーと不実を働いている相手を確認するのだそうです。探偵が何もエラーをしなくても、残念なことに依頼者の気もちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。

3.プロでも100%は成功しない
探偵に依頼したからといって、100%成功することはあり得ないのだそうです。上手く行かなかったときの報酬についても、探査する前にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのだそうです。相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気を探偵に探査して貰うなら、非常にコンパクトなカメラを使って相手が気づかないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。よく着る服装が変化してきたら、危ない予兆です。浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを選択するようになってきたら、非常に危険です。とり所以セクシーな下着をはくようになってきたら、浮気の可能性があります。

4.でも離婚は出来ない
浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚の必要性については考えるべきでしょう。コドモがいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚というものはそう簡単なものではないですよね。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではないですよね。反対にそれが男性の場合でもまた同様で簡単にシゴトと両立することはできないでしょう。探偵事務所で配偶者を探査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか迷って決められないですよね。ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚してしまうのも一つの案です。離婚も辞さないつもりで、あまたの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、喧嘩になりやすいので、止めるようお願いします。信頼できる人に供に行って貰うなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に依頼すると良いです。

タグ: