リンパマッサージに行った後に気をつけたいこと

リンパマッサージは、健康促進・美容のためにとても効果的ですが、ぜひ注意してほしいこともあります。まず、特に働く女性に気をつけてほしいのが、術後の好転反応です。もみ返しとも呼ばれます。これは、筋肉・凝りがほぐれ、蓄積していた老廃物が血液中に一気に流れるために起こる反応です。もちろん良いことなのですが、凝りの具合や体質によっては、予想外に大きく反応が出てしまう場合があります。好転反応の症状としては、眠気やだるさ、患部の凝りが悪化したように感じるなどが挙げられます。これらは、3日くらいするといつの間にか治っているのですが、ひどい人だとベッドから起き上がることも出来なくなってしまう位のだるさに襲われることもあります。

患部の凝りが悪化したように感じることに関しても、今まで(リンパマッサージに行く前)は、その凝り固まった身体を「普通」として生活してきたわけですから、それがほぐされることで、逆に凝りに気付くようになってしまうというパターンです。もちろん、こちらも良いことです。自分の身体に敏感になれるのですからね。ただいくら、健康・美容に良いと言っても、それぞれ会社だったり、学校だったりとそれぞれの生活もあるわけで、リンパマッサージに行ったら毎回3日間は寝込んでしまうなんて困ってしまいますよね。

なので、対策としては、まず、リンパマッサージに行ったその日には出来れば予定を入れないことが望ましいです。身体が、老廃物を流すことに意識を傾けるので、その流れに乗って寝てしまえれば一番良いです。熟睡ではなくても仮眠でも大丈夫です。次は、施術してくれる先生に凝りを一度に取りすぎない様にお願いしてみることです。休みの間などで、だるくなったとしても大丈夫な時期なら良いですが、少しでも心配だったり初めてだったりする場合は、好転反応が気になるから、と言えば先生も一気にではなく、少しずつにしてくれると思います。

リンパマッサージは心も身体も綺麗になれる、とても素敵なものなので、ぜひ、上手に取り入れてみてくださいね。

埼玉の弁護士による遺言相続相談

払い過ぎたお金は返ってきますか?

福岡 腰痛

お子様からお年寄りまで安心して治療を受けられる市原市の歯科医院

名古屋市東区の中国語教室

ページ一覧

  • TOP
  • 求められている予防医療
  • 進む医療のIT化について